Fork me on GitHub

2009usa Ssn

  • Nov 06, 2009

categoryプラグインは存在しません。

申請

私の場合、UCSBへの留学なのでSanta BarbaraにあるSocial Security Officeに申請に行きました。

申請の際に必要なのは、

  • 大学からのSSN申請用のレター
  • パスポート
  • 申請用紙

ぐらいです。通常は大学からのレターの作成に日数がかかる場合があるようですが、私の場合、事務が優秀だったのか最初に訪問した次の日にはレターを作ってもらえました。

申請時にはSocial Security Cardの送付先の住所を記入する必要がありますが、決まっていない場合は大学の住所を書くこともできます。私の場合は、大学に私書箱を作ってもらえたので、そのRoom No.を記入しました。

申請すると、申請番号が印刷されたレシートを渡されます。この番号を使って、SSNが発行されているかどうかを確認できます。

到着まで

アメリカに入国したのが9月7日で、申請は9月9日にしましたが、実際にカードが送られてきたのは11月4日でした。ほぼ2ヶ月待たされたことになります。

申請から2週間ほど経ってから電話で状況を問い合わせましたが、何やら書類がまだ揃っていないので、あと4週間ぐらいはかかると言われました。その後も1週間おきに電話で問い合わせましたが、状況は変わらず。ほとんど諦めかけていた時にカードが送られてきました。

まわりでは入国後10日ほど経ってから申請した方もいましたが、その人は2週間ほどでカードが送られてきたとのこと。やはり少し待ってから申請するのが良いようです。

必要とされる場面

銀行

通常は銀行口座を開くために、SSNの記入が必要です。しかし、銀行によっては後から通知するのでも大丈夫な場合もあります。

私の使っているUnion Bankは日本にいる間に口座開設ができることもあってSSNは不要でした。またBank of AmericaもSSNは不要とのこと。

運転免許

公式にはSSNを取得できる人はSSNの記入が必要になります。しかし実際は、持っていないといえばSSN到着前でも免許は取得できます。

その他

wash & dry(洗濯機、乾燥機)のレンタルをする際、SSNがあると割引がある場合があります。うちはこの割引を受けるためにSSNを心待ちにしていました。

commentプラグインは存在しません。