Fork me on GitHub

Android Sdカードにアプリ用のパーティションを作る

  • Jan 23, 2010

categoryプラグインは存在しません。

概要

CyanogenModなどのカスタムROMでは、Apps2SDを使ってSDカードにアプリをインストールすることができますが、そのためのパーティションの作り方のメモ。

Linuxマシンから操作するのが一番簡単です。環境がなければCDやUSBからブートして使うのもありです。

環境

手順

パーティション作成

  • USBケーブルで、Ubuntuマシンに接続
  • Androidの上のバーにUSB connectedと出るので、そこを選んでMountボタンを押す。
  • Ubuntuマシン上でSDカードが認識されたら、gpartedを起動。なければaptitudeなどで入れておく
sudo aptitude install gparted
sudo gparted
  • 右上から/dev/sdcなどSDカードデバイスを選択
  • [partition]-[Unmount]からunmountする
  • FAT32のパーティションがあれば、[Resize/Move]ボタンでサイズを変更
  • 空いた部分に[New]でext3パーティションを作成する
  • [Apply]ボタンを押して作業を終了
  • gpartedを終了後、USBケーブルを抜く

パーティションのアップグレード

どうもAndroid側でパーティションのアップグレードをしないと、ext3として認識しないようなので、以下の作業も必要です。

この作業には、cm-recoveryなどのカスタムリカバリROMが必要になります。

  • Homeボタンを押しながらAndroidを起動して、リカバリモードに入る。
  • go to consoleを選択して、以下のコマンドを実行する。PC側にadbがあれば、adb shellからでもできます。
upgrade_fs
tune2fs -O extents,uninit_bg,dir_index /dev/block/mmcblk0p2
e2fsck -fpDC0 /dev/block/mmcblk0p2
reboot

commentプラグインは存在しません。