Fork me on GitHub

CASIO IS11CAの設定

  • Dec 11, 2012

##概要

CASIO IS11CAは非常にいいスマートフォンですが、 少々設定を工夫しないと再起動が発生したりとストレスが溜まります。

これは多少安定するようになってきた私の場合の設定のメモです。参考になれば幸いです。

周辺機器

専用の充電器を使用する

通常のUSB給電から充電することもできますが、 電流が不足して非常に充電時間がかかってしまうので、 家での充電は専用の充電器(共通アダプタ03)を使ったほうが良いです。 逆に、専用充電器のコンセント部分を使えば、 USBケーブルは通常のものでも急速充電が可能です。

高速なmicroSDを使う

最近のAndroidはアプリもSDカードにインストールしたりしますので、 多少割高でもSDカードはclass 6やclass 10などの高速なものを使いましょう。

また、SDカードは本体で一旦初期化してから使ったほうが良いようです。

設定

ライブ壁紙を使わない

ライブ壁紙は常に後ろでサービスが動いていることになるので 安定性を上げるには使わないほうが無難です。

ウィジェットを必要最低限にする

ライブ壁紙と同じようにウィジェットも後ろでアプリが 動作し続けることになりますので、必要最低限に絞ったほうが良いです。

また、Zeamなどホームアプリを置き換えている場合は、 標準のホームにウィジェットが残っているとそれが動いてしまいます。 注意しましょう。

G’zGEAR系のウィジェットを停止させる

2012/1時点ですが、G’zGEAR系のウィジェットのバグなのか、 ウィジェットをどこにも設定していなくても、 G’zGEARメニューを表示しただけで潮の満ち引きなどの ウィジェットサービスが1分に1回動き始めるようです。 これは実行中のサービスにも起動中のアプリ一覧にも出て来ません。

G’zGEAR系のアプリを使った後は、アプリケーションの管理から、 以下のウィジェットを停止しておきましょう。

  • G’zGEAR Moonrise Moonset
  • G’zGEAR SEA TIDE
  • G’zGEAR Sunrise Sunset

SNS連携を設定しない

IS11CAには、電話帳とTwitter, Facebookなどを連携する機能がありますが、 この辺は個別に通信を行なって遅くなる原因になるのですっぱり諦めましょう。

  • [設定]-[アカウントと同期]

私はGoogle, au one IDしかアカウント同期を設定していません。

ニュースEXを使わない

デフォルトで入っているニュースEXは、便利ですがよく落ちる原因になるので ウィジェットには設定しないようにしましょう。 また、データ取得の間隔は自動取得しないに設定しておきます。

また、[設定]-[アプリケーション]-[アプリケーションの管理]で すべてタブからニュースEXを開いてデータの消去をやっておくと 裏でサービスが動かなくなりますのでおすすめです。 ただし、端末を起動するタイミングでサービスが復活することがあるので、 その都度データの消去を行う必要があります。

代わりに、ニュースと天気が使えます。

Eメールを自動受信にしない

携帯のアドレスのEメールアプリは配信が遅く使いにくいので、 自動受信はオフにしておきましょう。

  • [Eメールの設定]-[受信・表示設定]

携帯のメールアドレスを使う場合は、 以下の設定からGmailアドレスにメールを自動転送するように設定しておきます。

  • [Eメールの設定]-[その他の設定]-[自動転送先]

設定後、さらにアプリケーションの管理からデータの消去を実行しておくと、 裏側でサービスも起動しなくなります。

Evernoteのバックグラウンド同期をオフにする

Evernoteの自動同期は頻繁にSDカードにアクセスするので あまりバックグラウンドで実行しないほうが良いようです。

  • [Evernoteの設定]-[自動的に同期する]

Facebook, Twitterクライアントの自動更新をオフにする

最近はFacebookもTwitterもMentionなどをメールで通知してくれますので、 思い切ってクライアントの自動更新機能はオフにしましょう。

また、Webクライアントの機能で十分な場合は、 アプリ自体をアンインストールしてしまうのも手です。

Latitudeの自動更新をオフにする

Google LatitudeはGPSの履歴が見られて面白いですが、 バッテリを食うのと不安定になる原因にもなるようですので、 これもオフにします。

2013.12時点ではオンにしていても特に不安定にはならなくなりました。

  • [Googleマップの設定]-[現在地送信]-[現在地送信]

また、併せてチェックイン通知もオフにしておきましょう。 Latitudeからログアウトしても良いです。

[Skype]を止める

Skypeは今のところ無料通話ができたりして便利なんですが、 いかんせんバッテリを食います。 これも他と同様、アプリケーションの管からデータの消去を 実行しておくとサービスも起動しなくなります。

一旦起動して、ログインせずに設定から自動起動とアップデート確認をオフにして、サービスを終了するといいみたいです。

ケータイアップデートの自動更新を止める

ケータイアップデートはTwitterのほうが情報が早いので、 自動更新はしないようにします。

  • [設定]-[端末情報]-[ケータイアップデート]-[自動設定]

  • [設定]-[端末情報]-[メジャーアップデート]

データと同期を減らす

Googleのサービスのうち、同期する必要のないもののチェックを外しておきます。 ドキュメントや音楽、Picasa Web Albumsあたりは同期しなくても不便しません。

  • [設定]-[アカウントと同期]-[Gmailアカウント]

Taskerの自動バックアップ、実行履歴をオフにする

Taskerの自動バックアップや実行履歴は、状況が変わる度に SDカードに書き込まれるので、不安定になる原因になるようです。

  • [Taskerの設定]-[Misc]-[Auto-Backup Age]
  • [TaskerのメニューのMore]-[Run Log]

SDカードにアクセスするアプリの起動中は同期を停止する

SDカードにアクセスする可能性のあるアプリが起動している間は、 Taskerなどを使ってネットワークの同期を停止しておくと多少安定性は 上がるようです。

その他サービスをできるだけ減らす

実行中のサービスを確認して、意図せず動いているサービスがあれば そのアプリの設定を確認して、自動更新をオフにします。

  • [設定]-[アプリケーション]-[実行中のサービス]

TaskerでWifiのオフし忘れを防止する

Taskerは有料アプリですが、状況に応じた設定の自動化が 簡単にできるので買っておいて損はありません。

特に、自宅などのWifiアクセスポイントの範囲から出たときに Wifiを自動的にオフにする設定をしておくと、 オフにし忘れることがなくなるのでおすすめです。

残している設定、サービス

GPS, Wifiでの位置測定、データ同期などは、 最低限残しているサービスから使うだけなので、 オンにしておいて問題ありません。 さすがにWifiはオフにしておきます。

残しているサービスは、

  • Google+
  • [LINE]
  • Tasker
  • 音楽

ぐらいです。

その他のFAQ

au one Marketが起動できなくなった

たまにバージョンアップでau one Marketが起動しなくなる時がありますが、 こういう場合は、

  • au one Marketのデータを削除して、端末を再起動
  • だめなら、アカウントと同期から一旦au one IDを削除して再起動後、 再度au one IDを追加

などでうまく動くようになるようです。