Fork me on GitHub

Carrozzeria+avic Drv05

  • Apr 13, 2011

Carrozzeria AVIC-DRV05

categoryプラグインは存在しません。categoryプラグインは存在しません。

http://static.flickr.com/30/65067640_67e080dc4c_m.jpg拡大

  • 購入時期:2005年11月
  • 金額:11万ぐらい

1DINインダッシュモニタのDVD楽ナビです。前のADDZEST NVS7455が壊れて買い換えました。

  • 2011.3 に車を買い換えたタイミングでNAVITIME WND-01Kに買い換えました。

気に入っているところ

地図が見やすい

地図の配色が全体的に抑え気味で、原色系のADDZESTとは対称的ですが、これはこれで見やすい感じです。

精度が良い

これは比べる対象によるかも知れませんが、かなり細かい路地に入って右に左に曲がっても、きちんと追従してきます。また、細い道路の向こうに行き先を設定しても、ちゃんとそこまで案内してくれます。

タッチパネル

やはりタッチパネルがあると、地図のスクロールや文字入力が便利です。

音声認識

まだ慣れていないせいか、いまいち認識精度は良くないですが、読みを登録した地点なんかは大体うまく指定できます。あと、意外と電話番号の音声入力は精度が良くて便利。

リモコン

ほとんど本体だけで操作は可能なんですが、微妙なスクロールをしたり、後席から操作したりするのはやっぱりリモコンが便利です。リモコンはかなりボタン数が少なくて、使い方も分かりやすい感じです。

音声ガイドが多い

前のSナビは、左折右折地点以外はあまり案内はなかったんですが、これは右折レーンがあるとか、側道に入るとか、ライトの確認とか、走行時間とか、いろいろ音声で言ってくれるので、より分かりやすい感じです。

モニタを自動的に収納してくれる

エンジンを切ってしばらくするとモニタが自動的に収納されるので、ぱっと見にはナビが付いているように見えないのが良い感じです。

気になるところ

2画面モードの機能が少ない

この機種では、2Dの2画面モードだと、ノースアップ、ヘディングアップは右左同時に設定することしか出来ません。前のADDZESTでは2画面モードで右画面を小さめにしてヘディングアップの100mスケール、左画面はノースアップの400mスケールで使うことが多かったんですが、なんかいまいちしっくり来る地図表示がありません。

ハードボタンが少ない

よく使う発話や周辺なんかが画面上に表示されるソフトボタンで、画面をあまり見ないで操作がしにくい感じがします。逆に現在地に戻すのはナビボタンでしかできないので、一瞬迷ってしまいます。

ハイダウェイユニットの機能が独立していない

1DIN以外にハイダウェイユニットを設置する必要がありますが、そっちにTVチューナーだけではなくて、GPSアンテナやVICSチューナーやジャイロセンサーなんかが付いているので、1DINナビと言えるのかちょっと微妙な感じです。

VICS用の配線がしにくい

VICS用にFMアンテナをハイダウェイユニットに配線しないといけないんですが、分配器やら延長コードやらが付いてないし、本体にもパススルー出力が無いので、これを買っただけだと結局配線できません。うちはSナビで使っていたFM分配器があったのでそれを使いました。

ファンの音が気になる

走行中やオーディオを鳴らしている時はそれほど気にならないんですが、結構高音でキーンというファンの音がするので、気にしだすと気になります。

時計表示が小さい

うちでは車に乗っている時は時間をナビで確認することが多いんですが、これは時計が左の上にデジタルでかなり小さく表示されていて、読みにくいし直感的に分かりにくいです。

  • メインデッキIP-BUSある安いモデルにすればワンセグコントロール可能 映像出力端子を外部入力に接続でOKでは  - salsal (2007年03月05日 14時00分41秒)

commentプラグインは存在しません。