Fork me on GitHub

Gimp アイコンの作り方

  • Nov 06, 2009

categoryプラグインは存在しません。categoryプラグインは存在しません。

概要

GIMPを使って64x64などのアイコン画像を作る方法です。

環境

手順

画像を開く

元にする画像がある場合は、クリップボードにコピーするかファイルとして保存しておきます。

クリップボードの場合は、[ファイル]-[画像の生成]-[クリップボードから]を選びます。ファイルの場合は、[ファイル]-[開く]から開きます。

サイズを変更

元にする画像が作りたいアイコンのサイズよりも大きい場合、まずはサイズを変更します。ツールボックスから矩形選択を選んで、画像全体を選択してから、拡大縮小を選んで目的のサイズか、少し小さめまで縮小します。この際、Ctrlを押しながら変更すると縦横の比率が変わらずに済みます。

その後、[画像]-[キャンパスサイズの変更]から、キャンパスのサイズを目的のアイコンのサイズに変更します。

元にする画像がアイコンよりも小さかった場合、キャンパスのサイズを変更してから同じように画像を拡大します。

背景を作成

元にする画像が正方形ではなかった場合、背景を作っておきます。[レイヤー]-[レイヤーを追加]から新しいレイヤーを作って、レイヤーツール上で元画像の下に移動します。その後、ブラシ等で背景を塗りつぶします。

元画像の色を使いたい場合は、一旦元画像のレイヤーを選択した後、スポイトで使いたい色を取得して、背景レイヤーを描画します。

立体的なボタンのように装飾

背景ができたら、[画像]-[画像の統合]を実行した後、[フィルタ]-[装飾]-[角丸め]を選択します。影を落とすと背景追加のチェックは外しておきます。

角がまるまった画像ができたら、今度は[フィルタ]-[装飾]-[ベベルの追加]を選択します。これで立体的な感じになります。

あとは、[ファイル]-[名前を付けて保存]からPNGファイルなどで保存すればアイコン画像ができあがります。

commentプラグインは存在しません。