Fork me on GitHub

Git Emacsからgitを使う

  • Nov 07, 2009

categoryプラグインは存在しません。categoryプラグインは存在しません。

概要

最近のEmacsは標準でGitに対応していて非常に便利なんですが、Gitの場合は通常のvcと違って若干使い方が違うので、まとめてみました。

環境

操作

pull, push

どうも標準のGitモードではpush, pullはできないようです。これは通常通りコマンドラインから実行してやります。

ファイルの追加、削除

ファイルをリポジトリに追加する場合は、

M-x vc-register

から登録できます。また削除は、

M-x vc-delete-file

です。

#念のため、M-x はEscを押してからxです。Emacs使いには当たり前ですね。

差分表示

個人的にはもっとも良く使う機能ですが、リポジトリと作業中のファイルとの差分を表示するには、

M-x vc-diff

です。CVSなどと同じですね。

commit, log表示

この辺はGit独自の操作になりますが、commitする場合は、まず

M-x git-status

でフォルダ内の変更点を表示します。ここでn,pで対象のファイルを選択して、lを押すとログ表示、=を押すとdiff表示ができます。

またMを押すとすべてのファイルに*が付きますので、その状態でcを押すとcommitモードになり、コメントを入力してからC-c C-cでcommitできます。

巷には独自のGitモードがたくさんあるようですが、とりあえずEmacs 22.2.1に付いていたGitモードの簡単な使い方でした。

commentプラグインは存在しません。