Fork me on GitHub

House 換気システム

  • Feb 20, 2007

categoryプラグインは存在しません。

換気の種類

一般住宅用の換気システムは、大きく分けて以下の3種類がある。

1種全熱交換

給気、排気共に機械で行う。排気の際、主に紙フィルターを通して熱、水蒸気を給気に移すことで、室温、湿度を一定に保つ。

1種顕熱交換

給気、排気共に機械で行う。排気の際、主に金属フィルターを通して熱を給気に移すことで、室温を一定に保つ。

3種

排気を機械で行う。給気は各部屋に設けた給気口から行う。

長所短所

numsumプラグインは存在しません。

1種全熱交換

長所

  • 給気に熱、水蒸気が移るので、室温、湿度の維持に有効
  • 2階にダクトスペースが必要ない

短所

  • フィルターの掃除が月1回必要
  • トイレ、風呂の換気が別途必要
  • 各階毎に本体が1つずつ必要
  • 給気ダクトの汚れが、給気の汚れに繋がる
  • 熱交換の際、排気の臭いも給気に戻してしまう場合がある

1種顕熱交換

長所

  • 給気に熱が移るので、室温の維持に有効
  • 夏場は熱交換による除湿効果がある
  • 本体が1箇所
  • トイレ、風呂の換気も同時に行える
  • 掃除が必要なのはフィルタボックス1箇所のみ

短所

  • 2階に給排気のダクトスペースが必要
  • フィルターの掃除が3ヶ月に1回ほど必要
  • 水蒸気を排出してしまうので、冬場は加湿器を併用する必要あり
  • 給気ダクトの汚れが、給気の汚れに繋がる

3種

長所

  • 本体が1箇所。しかも仕組みが簡単なので長寿命
  • 給気にダクトを使用しないため、給気が汚れる心配がない
  • フィルターの掃除が6ヶ月に1回ほど
  • トイレ、風呂の排気も同時に行える
  • 設備がローコスト

短所