Fork me on GitHub

House 1種顕熱のすすめ

  • May 07, 2007

categoryプラグインは存在しません。

某MLで、3種換気が絶対という風潮なので、前に中立的な立場からまとめたページとは違い、ユーザとして1種顕熱の良さをアピールしておきたいと思います。

以下のページは主観、揚げ足取りを含みますのでご注意ください。

コメントは歓迎します。

概要

1種顕熱交換式の換気システムとは、給排気ともダクトを用いて行う機械換気システムで、外から導入する給気と、室内からの排気を、顕熱交換器と呼ばれる装置に導入し、主に金属製のフィルタを通して、熱交換を行います。これによって、冷暖房の効率化や給気の不快さを低減します。

セールスポイント

メンテナンス性

我が家が導入したデンソーエースCLAIR TYPE 1は、定期メンテナンスはフィルタボックス1カ所の3カ月ごとの掃除、これだけです。外部の給排気口、本体、ダクトはメンテナンスの必要はありません。しかも浴室やトイレも換気に含まれるので、個別換気扇もほとんどありません。換気のメンテナンスに関しては、これより簡単な選択肢はないでしょう。

1種全熱交換型では、一般に本体が各階毎にあり、メンテナンス周期も1カ月に1回です。また、浴室などに個別換気扇があるため、そちらのメンテナンスも必要になります。3種換気では、メンテナンス周期は6カ月に1回ですが、各部屋に給気レジスタがあるため、部屋数分のフィルタの掃除が必要になります。

なおどの方法でも、キッチンの換気量は不足するため、個別に換気扇が必要になります。

静粛性

給排気ともダクトなので、外の音や換気システムの音がほとんど聞こえません。本体やダクトは断熱仕様となっているため、断熱材の外側に設置できるのも、静粛性に貢献しています。強運転でも、運転音が聞こえることはありません。また、利用するダクトが径100mmと太めなので、風きり音もありません。

3種換気では、給気レジスタが部屋に直接付いているため、外の音が聞こえる場合があるそうです。

経済性、体感温度

熱交換により、冷暖房効率が高まります。実際にどの程度効果があったかは比べられないのでわかりませんが、手をかざして感じる空気は、窓を開けた場合よりも不快ではないのは確かです。

耐久性

本体が1カ所で熱交換器も金属製なので、耐久性があります。熱交換を行う際、結露水が発生しますが、これを排出するドレンパイプも装備しています。本体は実績のあるVent-Axia製なので、故障時の部品の入手性も大丈夫かと思います。

実績

顕熱交換換気システムは、あまり単独で採用された話を聞きませんが、換気と冷暖房を同時に行う全館空調設備は、ほとんどが1種顕熱交換を採用しています。特に欧米ではかなりの実績があります。

計画換気が実現しやすい

強制的に給気、排気を行うので、正しく計画されていれば換気が不足することが少なくなると考えられます。

これは私の考えですが、3種換気の場合、室内を負圧に保つことで換気レジスタからの給気を促します。しかし、ショートサーキットなどで負圧にならない部屋が出てくると、そこは給気もされなくなります。ありがちなのは、浴室に排気口があるのに、浴室の窓を開けてしまうといった場合です。もしこの排気口でリビングの排気を兼ねていたら、換気不足になる可能性があります。

1種換気では全熱、顕熱共このようなことは起きませんので、どこの窓を開けても問題はありません。

外壁の穴が少ない

スウェーデンハウスの場合、外壁となるパネルは工場生産されるため、現場施工時にできるだけ外壁の穴を空けないほうが、気密性を確保する上で有効です。

1種顕熱の場合、通常は換気システムの給排気で2箇所、キッチンの給排気で2箇所の計4箇所となります。

1種全熱の場合、本体が2箇所でそれぞれ給排気が必要なので4箇所、そのほかに、浴室、トイレ2箇所の排気3箇所、キッチンの給排気2箇所で計9箇所となります。

3種の場合、本体の排気が1箇所、部屋毎の給気レジスタが6箇所ほど、キッチンの給排気で2箇所の計9箇所となります。

施工上、どの方式が有利なのかは言うまでもありません。

注意点

ダクトスペースが必要

本体を2階天井に設置するため、1階の給排気用に、2階のクローゼット等にダクトスペースを設ける必要があります。わが家の実績では、2階クローゼットに大体30cmほどのふかし壁を設けたのと、脱衣所の天井を15cm下げました。

給気ダクトの汚れに注意が必要

給気をダクトで行う性質上、ダクトが汚れてしまうと給気も汚れてしまいます。通常は空気が常に流れているため汚れがたまることはありませんが、換気システムを停止させたりすると空気がよどみ、カビなどが発生してしまう可能性があります。この場合は、業者に依頼してダクトのクリーニングを行うしかありません。

初期設備設置コスト

わが家では1種全熱とほぼ同じ費用で設置できましたが、3種のスウェフロー等と比べると、倍近い費用になることがあるとのこと。(MLより)

コメント

  • エアコンと同様、使い始めの臭気(かび臭さ)のようなものが出るのか心配ですが、そのようなことはありませんか? - 建替え願望人 (2007年05月07日 13時02分33秒)
  • 換気は24時間付けているものなので、それはないです。止めたらそもそも健康に良くないです。 - Yoshimov (2007年05月07日 16時55分55秒)

commentプラグインは存在しません。