Fork me on GitHub

Ideapad Ubuntuのデュアルブート

  • Apr 27, 2009

categoryプラグインは存在しません。categoryプラグインは存在しません。

環境

  • IdeaPad S9e
  • WindowsXP Home Edition
  • Ubuntu 9.04 Netbook Remix

概要

Lenovo IdeaPad S9eには最初からWindowsXP Homeが入っていますが、MBRにはリカバリ用のパーティションのローダがあったり、WindowsXPのパーティションにはInstant On(Splashtop)のイメージが入っていたりするので、その辺の環境を残しつつUbuntuを入れる方法です。

起動の順序は、

Instant On->MBR->Windows NTLDR->grub->Ubuntu

となって、少々ややこしいですが、既存の機能は全て使える状態で残すことができます。

準備

HDDのバックアップを取る

まずはHDDをまるごとバックアップをとっておきます。Clonezillaを使うと、6GBほどで全HDDイメージのバックアップが取れました。

  • Linux/HDDイメージのバックアップ、リストア?

ライブUSBの用意

Ubuntuのサイトから、インストールに使うイメージをダウンロードして、ライブUSBを作っておきます。ここでは、Netbook Remixを使っています。

ツールのインストール

WindowsXPの入っているパーティションに、BootPartをダウンロードして展開しておきます。

手順

Ubuntuのインストール

UbuntuのライブUSBでブートして、HDDにUbuntuをインストールします。この際に、既存のWindowsパーティションのサイズを変更して、そこにできた空き領域にUbuntuをインストールするようにします。

私は、以下のようにしました。

/dev/sda1 .. NTFS。既存のWindowsパーティション
/dev/sda3 .. ext4。Ubuntuのルート
/dev/sda4 .. swap用領域
/dev/sda2 .. vfat。IdeaPadのリカバリ用領域

sda3に120GBほど割り当てました。

また、ブートローダーは/dev/sdaではなく、Ubuntuのインストール先パーティション、ここでは/dev/sda3にインストールするようにします。

BootPartの設定

  • Windowsを通常通り起動
  • 現在のパーティションリストを表示
cd c:\bootpart
bootpart

などとして、パーティションリストを表示した後、Ubuntuのルートパーティションの番号を

bootpart 2 ubuntuboot.lnx Ubuntu 9.04 Netbook Remix

のように実行すると、Windows起動時にUbuntuが出てくるようになる。

  • Ubuntuが起動するか確認

OSの起動順序の変更

  • Windowsを通常通り起動
  • [コントロールパネル]-[システム]から、起動と回復の設定を選んで、Ubuntuを既定のオペレーティングシステムとして設定する。