Fork me on GitHub

Newsclipsync+conduit Manual

  • Jun 02, 2006

NewsClipとは?

NewsClip とは、matto さんが運営されている、Web 自動巡回代行サービスです。

NewsClip では、Web の巡回方法や切り出し方法などは会員の間で共有され、チャンネルとして公開されています。

利用者はこのチャンネルを好きなだけ選択すれば、あとは自動巡回したデータを MeDoc, iSilo, Plucker といった自分の好きな形式でダウンロードすることができます。

詳しい使い方については NewsClip のページでどうぞ。

NewsClipWeb自動巡回の革命です。あなたも NewsClip に会員登録しませんか。

NewsclipSync Conduit とは?

NewsclipSync Conduit とは、NewsClip 上で選択したチャンネル等を、HotSync 時に自動的にダウンロードし、Palm にインストールするためのプログラムです。

NewsClip 登録時に配布される ID を指定するだけで、あとは自動的に自動巡回されたデータのインストールを行えます。

動作環境

Palm OS 3.0 以降の日本語対応機種、およびインターネットに接続可能な Windows マシンとPalmDesktopの組み合わせで動作します。

使い方

順を追って NewsclipSync Conduit の使い方を説明します。

Step 0: NewsClip への会員登録、チャンネル選択

何はともあれ、まずは NewsClip のサイトに行って、会員登録しましょう。会費等は一切かかりません。

また、NewsClip には豊富なチャンネルがあります。お好きなチャンネルを選択しておきましょう。もちろん自分でチャンネルを作っても OK です。

既に NewsClip に会員登録している場合は、必要ありません。

Step 1: JSync のインストール

NewsclipSync は Java Conduit として作られているため、NewsclipSync を利用するには JSync というアプリケーションが必要です。JSync 自体は PalmSource から公開されているのですが、Conduit の開発環境にしか添付されていません。

JSync 単体のインストーラは、以下の場所に置いてありますので、こちらをダウンロードして setup.exe を実行し、JSync をインストールしてください。

Step 2: NewsclipSync Conduit のインストール

注意:インストールに失敗した場合、最悪 Palm Desktop の再インストールが必要になることがあります。必ず Palm Desktop のデータをバックアップした後、インストールを行ってください。

NewsclipSync Conduit は、配布している自己解凍ファイルを実行するだけでインストールできます。

バージョンアップする際も、上書きでインストールすれば大丈夫です。

インストール後は Palm 側にアプリケーションを入れておく必要があるので、必ず一度 HotSync しておいてください。

Step 3: NewsclipSync Conduit の設定

まず、HotSync メニューの動作設定を選択し、

ref_imageプラグインは存在しません。

HotSync 機能の動作設定ダイアログを出します。

ref_imageプラグインは存在しません。

ここで NewsclipSync Conduit を選択し、右の変更ボタンを押します。

ref_imageプラグインは存在しません。

ここの NewsClip ID という欄には、NewsClip にログインした際に表示される、以下のIDを入力します。

ref_imageプラグインは存在しません。

これだけで、HotSync 時に1日1回、自動的に NewsClip から MeDoc のファイルをダウンロードしてインストールを行うようになります。

さらに詳細設定ボタンを押すと、細かい設定をすることができます。

ref_imageプラグインは存在しません。

前回ダウンロード時間
前回 HotSync 時にファイルダウンロードが成功した時間が表示されます。時間をリセットしたい場合はリセットボタンを押してください。
NewsClipのダウンロード頻度
ダウンロードする頻度を、1日1回、指定時間帯1回、指定時間帯毎回、毎回の4種類から選ぶことができます。特に、指定時間帯1回、指定時間帯毎回を選択した場合、時間帯の指定ができるようになります。時間は数字のみで指定し、'-' で範囲を指定、',' で区切りになります。例えば '5-8,16-23' と指定した場合は、AM5:00 から AM8:59 までの間に1回、PM4:00からPM11:59 までの間に1回だけダウンロードが行われるようになります。
ダウンロード形式
ダウンロード形式は MeDoc, zip, zip+box, pz 形式、および記事サブセット1,2を選ぶことができます。MeDoc を選んだ場合は、NewsClip の設定に関わらず MeDoc 形式でダウンロードが行われます。MeDoc 以外を選んだ場合は NewsClip 上で指定した形式のファイルが Palm にインストールされます。記事サブセット1+2を選んだ場合は、記事サブセットを2つ同時にダウンロードします。それぞれに異なる形式を指定しておけば、複数の形式のファイルを同時にインストールできます。
確保する空きメモリ
確保する空きメモリには、ファイルのインストール後に Palm の本体に残しておく最小メモリ容量を指定します。これを指定すると、HotSync 時に Palm の空きメモリを調べ、自動的にダウンロードするファイルサイズを調整します。
インストール先
インストール先として、内蔵メモリか外部メモリかを選択できます。スロット1または2を選択すると、外部メモリに直接インストールされます。この際、ダウンロードしたファイルの形式に応じて、適切なフォルダに自動的に振り分けられます。指定したスロットにメモリカードがなかった場合は、自動的に内蔵メモリにインストールされます。
Proxy 設定
Proxy を経由する必要のある環境の場合、Proxy サーバを経由したダウンロードを行うことができます。Proxy サーバを利用する場合は、Proxy を利用するチェックボックスをオンにし、Proxy サーバのホスト名とポート番号を指定してください。

Step 4: HotSync

あとは、普通に Palm を HotSync してください。HotSync 中に NewsClip からのダウンロードが行われ、ダウンロードされたファイルが Palm にインストールされます。

NewsclipSync Conduit の動作中はダイアログが表示され、状況がリアルタイムで表示されます。動作が終了すると 10 秒後に自動的に閉じます。

ref_imageプラグインは存在しません。

インストールされたファイルは Doc ビューアや各種ビューアで閲覧してください。

著作権

NewsclipSync Conduit は、フリーソフトです。再配布も自由に行ってください。その場合、実費以外のいかなる対価も伴ってはいけません。

NewsclipSync Conduit を作るにあたって、KPilo の橋本祥一氏の DLL を使用させて頂いています。ありがとうございます。

Portions copyright (c) 2002 橋本祥一 (http://kamicup.tripod.co.jp/)
Copyright (c) 2003 [email protected]