Fork me on GitHub

Opensolaris Ufs形式のloopbackファイルの作成

  • Jul 22, 2010

categoryプラグインは存在しません。

概要

OpenSolaris上でufs形式のループバックマウント可能なファイルを作る方法です。

環境

手順

  • ddで空のファイルを作る
dd if=/dev/zero of=loopback bs=1M count=128
  • lofiadmでデバイスとして登録
pfexec lofiadm -a loopback
  • ufs形式でフォーマット

lofiadmを実行した際に表示される /dev/lofi/4 などのデバイス名を指定して、

pfexec /usr/lib/fs/ufs/newfs /dev/lofi/4

と実行。

  • 通常通りマウント
pfexec mkdir -p /mnt/loopback
pfexec mount /dev/lofi/4 /mnt/loopback

マウント出来れば成功です。

一旦lofiadmで登録しないといけないのがちょっと面倒ですね。

コメント

commentプラグインは存在しません。