Fork me on GitHub

Ubuntu スレーブhddを使ったデュアルブート

  • Dec 28, 2010

categoryプラグインは存在しません。categoryプラグインは存在しません。

概要

Windowsの入ったマスタHDDを全く変更せずに、スレーブHDDを使ってUbuntuとのデュアルブートにする方法のメモ。

この方法だと、マスタHDDのMBRも変更しなくてよいので、Windowsのアップデート時にMBRの上書きが起こってもデュアルブートには何の影響もありません。

環境

  • Windows 7
  • Ubuntu 10.10
  • grub2 1.98
  • HDD 2台

手順

Ubuntuのインストール

  • スレーブHDDの接続
    • 普通に2台目のHDDをスレーブとして接続します。
  • Ubuntuインストーラの起動
    • CDまたはUSBからUbuntuをライブ起動して、インストーラを実行します。
  • インストール先をスレーブHDDに指定して、Ubuntuをインストール
    • 通常通りUbuntuをインストール
    • grubのインストール先もスレーブHDDになるように注意してください。
  • 再起動時に、BIOSの設定を変更してスレーブHDDから起動するように変更
    • これでとりあえずUbuntuが普通に起動するようになります。
    </ul>

    Windowsがデフォルトで起動するように変更

    マスタHDDのWindowsは勝手に検出されてgrubメニューに追加されますが、デフォルトでマスタHDDにあるWindowsが起動するようにするには、スレーブHDDのUbuntuを起動後、

    /etc/default/grub
    

    を編集して、

    GRUB_DEFAULT=5
    

    または

    GRUB_DEFAULT="Windows 7 (loader) (on xxx)"
    

    というようにWindowsのメニュー項目を指定してから、

    sudo update-grub
    

    でgrub.cfgを更新しておきます。

    コメント

    commentプラグインは存在しません。