Fork me on GitHub

Ubuntu Kvmの利用

  • Dec 10, 2009

categoryプラグインは存在しません。categoryプラグインは存在しません。

概要

Ubuntu 9.10でKVMを利用する際の手順のメモです。

環境

  • Ubuntu 9.10
  • KVM 0.11.0-0ubuntu6.3

手順

環境の確認

KVMを動かすにはハードウェアのサポートが必要ですのでまずはサポートされているか確認します。

egrep "(svm|vmx)" /proc/cpuinfo

svmまたはvmxが含まれた行が表示されればサポートされています。

KVMのインストール

sudo aptitude install qemu-kvm ubuntu-vm-builder libvirt-bin virt-manager

で一通り必要なパッケージがインストールできます。

ブリッジの設定

デフォルトではゲストOSはホストのNATを介してネットに繋がるので、ブリッジ接続ができるように設定します。

sudo /etc/init.d/networking stop

でネットワークを止めてから、

sudo vi /etc/network/interfaces

として、以下の内容を追記します。DHCPではない場合はbr0のほうをstaticとします。

auto eth0
iface eth0 inet manual

auto br0
iface br0 inet dhcp
       bridge_ports eth0
       bridge_stp off
       bridge_fd 0
       bridge_maxwait 0

そして

sudo /etc/init.d/networking start

としてネットワークを起動します。

VMの設定

VMは通常通りvirt-managerやvirshなどを使って設定します。この際にbr0をブリッジとして指定してやれば、ホストと同じネットワークにブリッジ接続できるようになります。

課題

どうもブリッジを設定すると、Gnome Desktopでネットワーク表示が未接続の状態になってしまう様子。実用上は特に問題なさそうですが、ちょっと気持ち悪いです。

参考